2019年税制改正対応版

"経営者保険で迷わない"

経営者保険・役員保険の比較・一括見積り

経営者保険の加入メリットが丸わかり! 保障内容・保険料・保険期間・損金性で一括比較
法人保険えらびのミカタ

できる社長が選ぶ『経営者保険』

経営者保険の選び方が劇的に変わった。

2019年税制改正!!

新ルールに対応した新しい役員保険・経営者保険の選び方を徹底解説。できる社長が選ぶ
"法人契約の生命保険メリット"をはじめ税務通達や経理処理方法も併せてご案内いたします。
企業防衛・財務対策に活用できる法人保険えらびのミカタになります。
なぜ「経営者保険比較サイト」が
多くの経営者に選ばれるのか?
3つのポイント
経営者保険専門のサイトだからこそ、経営者が希望する保険商品を選べます。
経営者様のニーズをお聞かせいただき「無料」で「何度」でも豊富な保険商品の中から効率的に比較できます。
さらに、商品を検討する際に必要な関連資料も併せてお届けいたしますので、容易に比較検討することができます。

『経営者保険』選べる6つのメニュー
経営者保険・法人契約早わかり表

中小企業向けの保険商品から比較・見積り
法人専門だからこそ損金性なども加味し、一度で複数保険会社の保険見積書・パンフレットを厳選してお送りいたします。
お客様の資金繰りを最優先に保険商品の比較をしますので、財務面に配慮した保険商品の比較サービスをご確認いただけます。

取扱保険会社一覧

アクサ生命保険株式会社
アクサ生命保険株式会社
朝日生命保険相互会社
朝日生命保険相互会社
アフラック
アフラック
FWD生命保険株式会社
FWD生命保険株式会社
エヌエヌ生命保険株式会社
エヌエヌ生命保険株式会社
オリックス生命保険株式会社
オリックス生命保険株式会社
SOMPOひまわり生命保険株式会社
SOMPOひまわり生命保険株式会社
東京海上日動あんしん生命保険株式会社
ニッセイ・ウェルス生命保険株式会社
ニッセイ・ウェルス生命保険株式会社
ネオファースト生命保険株式会社
ネオファースト生命保険株式会社
マニュライフ生命保険株式会社
マニュライフ生命保険株式会社
三井住友海上あいおい生命保険株式会社
三井住友海上あいおい生命保険株式会社
明治安田生命保険相互会社
明治安田生命保険相互会社
お客様の経営状況に合わせた比較と情報提供
ただ単に保険商品の比較をするのではなく、経営に係わる重要度・緊急度を優先し、多面的な視点で保険商品を選定・比較できます。

さらに、生命保険や医療保険は個人で加入するのとは異なり、法人で加入する場合、特有の税務処理があります。保険料や解約返戻金、保険金といった経理処理のサポートをはじめ、景気後退局面で中小企業に是非活用していただきたい保険制度、例えば契約者貸付けや、ご勇退時には個人への契約者名義変更など、中小企業様向けの保険情報提供が、多くの経営者様から喜ばれております。
  • 長期的な資金繰りに合わせた比較と商品選定
  • 経営計画や事業計画、さらには事業承継・相続に合わせた比較と商品選定
  • 必要保障額や退職金支給額から算出した比較と商品選定
プラスワン
サイト運営10年の実績。
多くの経営者様に選んでいただきました。
サイト開設10年、多くのお問合せをいただき、資料請求、情報提供を行ってまいりました。
役員退職金のひな形や議事録の提供も数多くご活用いただいております。お問合せいただいた際には、弊社で作成した小冊子「生命保険でできる自社株対策」や「役員退職金シミュレーション」、創業間もない法人様には、「決算対策のアイディア」・「オーナー経営者の必要保障額」など有益と思われる情報を提供し続けております。
今すぐ比較してみる!
「経営者保険」比較・一括見積りの申し込みは簡単3ステップ

強引な勧誘や契約誘導は一切ありませんので「営業されるのが苦手」とお感じの方も安心してご活用ください。経営者保険比較・一括見積りサイトは、経営者様の要望があれば、何回でも無料でご利用いただけます。お客様のご意向がある場合、NDA(秘密保持契約書)の取り交わしにも対応しております。

※法人限定につき個人事業者様はご遠慮いただいております。
※保険会社、保険代理店、および士業の方はご遠慮ください。
ワールドインシュアランスエージェンシー株式会社(東京) 登録番号 第17001101号
最新の保険税制 2019年7月8日以降の取扱い

法人向け 生命保険税制改正
定期保険・第三分野保険(医療保険、がん保険、介護保険等)

税制改正のポイント

  • 保険商品ごとに定められていた税務通達は廃止となりました。
  • 定期保険・第三分野保険については、最高解約返戻率の区分に応じた資産計上ルールを設定されました。
  • 新ルールについては、2019年7月8日以降の契約に適用されます。
    過去に加入している契約について遡及されません
※養老保険・終身保険・年金保険については、従前の税務取り扱いに変更なし
法人保険での新税制 2019年7月8日以降の契約について
最高解約返戻率 損金割合

50%以下

全額損金

50%超~70%以下

60%損金(保険期間の当初4割期間)
※被保険者1名あたり 年間通算支払保険料30万円以下の場合は全額損金扱い

70%超~85%以下

40%損金(保険期間の当初4割期間)

85%超~

加入から10年間 100-(最高解約返戻率×0.9)=損金割合(%)
11年目以降 100-(最高解約返戻率×0.7)=損金割合(%)
※商品や保険期間ごとではなく「保険期間中の最高解約返戻率」で損金割合が決まります

損金算入割合の概念図

保険期間中の最高返戻率が50%以下の場合 支払保険料に対する損金算入割合

保険期間中の最高返戻率が50%超~70%以下の場合 支払保険料に対する損金算入割合

保険期間中の最高返戻率が70%超~85%以下の場合 支払保険料に対する損金算入割合

保険期間中の最高返戻率が85%超の場合 支払保険料に対する損金算入割合
例・最高解約返戻率90%の場合

2019年7月8日以降に新たに加入をする生命保険については、その生命保険の最高解約返戻率によって保険料に対する損金割合が決定することになりました。

過去に契約した保険契約にはこの内容は遡及されず、2019年7月8日以降に法人で契約する生命保険のみになります。

税制改正後 損金別 社長が選ぶ定期保険を詳しく見る

第三分野(医療保険・がん保険・介護保険等)の新税制

全額損金の条件

2019年10月8日以降に契約する第三分野(医療保険・がん保険・介護保険等)

保険料払込期間が終身払の契約かつ、最高解約返戻率が50%以下の契約

法人ごとに、被保険者1名につき年間通算支払保険料が30万円以下の場合
(保険料払込期間が短期払いの契約で、解約返戻金がないか、あってもごくわずかであること)

30万円を超える場合

『保険期間>保険料払込期間』となる第三分野保険に加入する場合は、注意が必要です!
保険料が30万円を超える場合の第三分野保険の損金額
=払込保険料×払込期間÷保険期間(116歳-契約年齢)
複数件数加入する場合、第三分野保険の1名あたりの年間通算支払保険料が30万円を1円でも超えると、
全ての第三分野保険に関する保険料が全額損金扱いとなりません。
(2019年7月8日以降に加入した保険契約について通算)
30万円を超える場合の契約事例

契約年齢:36歳 性別:男性 保険種類:医療保険 保険期間:終身 保険料払込期間:10年
保険料払込方法:年払い 年払保険料:1,000,000円

【計算式】
1,000,000円(保険料)×10年(保険料払込期間)÷保険期間80年(116歳-36歳)=125,000円(当初10年間)
保険料払込後の損金額:資産計上額8,750,000円÷70年(116歳までの期間)=125,000円(70年間)/年12.5%損金

医療保険や、がん保険の第三分野と言われる保険も例外ではなく、2019年10月8日以降に加入をしたものについては、1名あたり年間通算保険料30万円以下であれば保険料を全額損金化することができます。

新ルール後の社長が入る医療保険を見る

今すぐ比較してみる!
ワールドインシュアランスグループの特徴

ベストアドバイスポリシー

創業から変わらぬお客様と弊社のお約束であり弊社の基本ポリシーとなっています。
多くの保険商品の中から商品を選ぶ際には、保険金額や保険料の差・保険期間のみならず、お体の状況や付帯するサービス制度なども含め、経営者様の要望に応じて比較し、財産・財務状況に応じて推奨方針に基づき客観的に最も適切と考えられるご提案をいたします。

将来を見据えて比較し、
ご提案いたします

ご契約時点の問題解決はもとより、できるだけ将来の経営予測に基づき、無理のない長期的な視点で、ご提案をしております。財務(資金繰り)はもとより、相続/事業承継・リスクマネジメントの3つの側面を念頭に入れることにより、比較資料を作成しご提案いたします。

法人専門プロフェッショナルの
チーム体制

お客様の代理人として、財務・資産運用・リスクマネジメントの分野で培った知識・経験など、金融業界に精通したスタッフがご契約からアフターフォローまで対応いたします。 経営者様の経営課題・問題に対し、法人専門のプロフェッショナルチーム体制でサポートします。

価値ある情報提供の責任

弊社は、経営のリスクにさらされるオーナー経営者様の知恵袋として、保険だけでなく相続・事業承継等さまざまな経営に関する情報を定期的にお届けいたします。
5年後、10年後の経営環境の変化に合わせて、その時々の問題解決の知恵をいち早くお届けすることを基本としております。
  • 小冊子(自社株対策 退職金・相続・事業承継)
  • オーナー経営者の必要保障額の算出
  • 自社株対策セミナーの開催
  • 役員退職金規定・議事録のひな型の提供
  • オーナー経営者の『役員退職金手取り額一覧表』の提供
お客様のご契約を大事に守る
将来予測ができる保険管理システムの開発
お客様の保険契約情報を守るため、弊社が開発した独自システムです。さまざまなお付き合いで加入された保険契約もまとめて管理することができます。このシステムにより、経営計画の立案や来期の資金繰りに備えて、保険料の支払いや解約返戻金の将来予測ができますので、例えば、お客様自身でデータをダウンロードし、経営データと統合することで経営数字の可視化に役立てることができます。
さらに、担当者からのご案内だけではく、アラート機能によって契約の解約時期や保険料の支払い時期、保険期間の満了時などの情報提供をシステムメールで配信、ヒューマンエラーを防止する体制を整えております。

INSU@Bankは弊社の登録商標です

中小企業のしまった!! を未然に防ぐ機能

アラート機能

アラート(通知)機能でタイミングを逃しません!

将来想定

将来の保障金額などを瞬時に表示できます

登録・保存/詳細表示

すべての保険契約を登録! 簡単に出力できます



 

保険管理システムを詳しくみる

メール通知サポート

登録メールアドレスに下記タイミングでメールが届きます。

※5名まで登録可能です。

保険契約成立時
保険契約成立後すぐ
損害保険の満期更改
45日前、35日前、15日前(選択可/通常45日前)
保険料支払い時
年払い(契約月の前月)
税制改正時
パブリックコメント(随時)
解約返戻金のピーク
契約月の3年前、2年前、1年前、6ヶ月前
定年退職時の案内メール
「退職年齢到達(誕生)月」
(60歳・65歳)の6ヶ月前
信頼の50年 得意なのはオーナー経営者様と伴に
おかげさまでワールドインシュアランスグループは、創業50周年を迎えました。

保険の販売代理ではなく、保険を求められるお客様の購買代理に徹してまいりました。
その基本は、リスクマネジメントに基づく提案思考とリスクソリューションの提供にあります。

今後も環境変化に応じ、お客様にとって価値の高いリスクソリューションプログラムを充実させ、
誠実さと創造性を持ってお客様の事業に貢献していきます。
今すぐ比較してみる!